« PI制御(比例積分制御) | トップページ | 初めての会社説明会 »

2008年3月14日

目標値に追随する(積分器を2個)

ネガティブフィードバック制御の話。

直流的な目標値(ステップ入力)に対して、積分器が1個あれば、定常偏差をゼロにできる。すなわち、目標値に一致させる制御が可能となる。

しかし、徐々に増えていく1次関数的な目標値(ランプ入力)に対しては、「積分器を2個」設けないと追随できない。

どんどん上を目指す人生の目標を設定したら、「積分器を2個」、知識の蓄積と経験の蓄積を効率よく積んで、制御のエンジン出力をパワーアップさせないといけない。

|

« PI制御(比例積分制御) | トップページ | 初めての会社説明会 »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目標値に追随する(積分器を2個):

« PI制御(比例積分制御) | トップページ | 初めての会社説明会 »