« お盆 | トップページ | 技術の海外流出 »

2008年8月18日

文字列を数値に変換する関数

装置制御用パソコンとRS232C経由で温調器等の周辺機器が接続される。これらの機器とは、文字列で通信することが多い。

文字列の中には、温度等、数値が入っている。したがって、文字列を数値に変換する関数が欲しい。

MOS言語にも、文字列を数値に変換する以下の関数が用意されている。

・atof()関数 文字列を倍精度浮動小数点数doubleに変換する

・atoi()関数 文字列を整数intに変換する

・atol()関数 文字列をlongに変換する

Atof_atol_atoi 左は、共有変数インデックス58000から文字列をリードしてlongに変換、共有変数インデックス58001から文字列をリードしてintに変換、共有変数インデックス58002から文字列をリードしてdoubleに変換するサンプル。

画面中のMOS言語プログラムソース、

「Oyaji_Value_4.mos.c」をダウンロード

|

« お盆 | トップページ | 技術の海外流出 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字列を数値に変換する関数:

« お盆 | トップページ | 技術の海外流出 »