« マイナビ2010に出ています。 | トップページ | ブラシレスモータのdq軸座標変換 2 正負のq軸電流 »

2008年10月11日

ブラシレスモータのdq座標変換

Dq_3

モータケーブルに流れる実際の相電流から、

・実効電流(q軸電流。実際にトルク発生として使われる電流。回転する磁石に対してタイミングよく反発する電磁力を発生する電流)

・無効電流(d軸電流。回転する磁石に対して、引き合って停止する電磁力を発生する無駄な電流)

を求める計算をdq座標変換という。図は、そのエクセルによるシミュレーション。このグラフでは、流れているU相電流とV相電流は、q軸電流(有効電流)成分のみで、無駄がない状態になっている。

計算式は

    iqa = cos(θ+π/3) * iua + cosθ * iva

    ida = sin(θ+π/3) * iua + sinθ * iva

iqa : q軸電流

ida : d軸電流

iua : U相電流

iva : V相電流

θ : 電気角 [rad]

エクセルの元データが欲しい方は、こちら 「motion_oyaji_dq081011.xls」をダウンロード  振幅は、1に規格化されています。

元ネタは、杉本英彦編著「ACサーボシステムの理論と設計の実際」、総合電子出版社、1990、79ページの(4.11)式

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_d274.html

あるいは、電気学会の「基礎電気機器学」にも詳しく記述されている。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_5d8f.html

ちなみに、この計算は、ブラシレスモータで意味がある。ブラシ付きモータは、基本的にはq軸電流のみになるよう機械的に設計されている。

Link: 

「モーションおやじ」のプライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« マイナビ2010に出ています。 | トップページ | ブラシレスモータのdq軸座標変換 2 正負のq軸電流 »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

良い本ですよね。
式(4.11)は全体に √2 倍が抜けていると思いますが、如何でしょうか。

投稿: dmc | 2017年4月18日 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519860/24428028

この記事へのトラックバック一覧です: ブラシレスモータのdq座標変換:

« マイナビ2010に出ています。 | トップページ | ブラシレスモータのdq軸座標変換 2 正負のq軸電流 »