« 人間関係で悩んでいる方に | トップページ | なぜハーレーだけ売れるのか? »

2008年10月21日

ACサーボモータとDCサーボモータの違い

ACサーボモータとDCサーボモータの違いは、サーボドライバの電源がACか、DCかの違い。

AC100VをDC141Vに、あるいはAC200VをDC282Vの直流に整流して、インバータ(直流を交流に直してモータに電圧を印加する回路)に加え、その出力をACサーボモータに接続する。

DC12V、DC24V、DC48V等をそのままインバータ(直流を交流に直してモータに電圧を印加する回路)に加え、その出力をDCサーボモータに接続する。DC12V、DC24V、DC48Vは、スイッチング電源等のDC出力を利用する。

ACサーボモータのほうがモータに印加する電圧が大きいので、それなりの絶縁対策がとられている。

|

« 人間関係で悩んでいる方に | トップページ | なぜハーレーだけ売れるのか? »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACサーボモータとDCサーボモータの違い:

« 人間関係で悩んでいる方に | トップページ | なぜハーレーだけ売れるのか? »