« 単純移動平均の時間波形(4回平均) | トップページ | 単純移動平均フィルタ周波数特性 まとめ 比較 »

2008年11月 7日

単純移動平均フィルタ伝達関数 まとめ 比較

単純移動平均の伝達関数のまとめ

移動平均にはローパスフィルタ(LPF)の役目の他に、分解能を増やすという機能もある。そのため、よく使う、情報を1ビット増やすための2回平均、情報を2ビット増やすための4回平均、情報を3ビット増やすための8回平均、情報を10倍にする10回平均について、まとめる。それ以外の平均回数については、本ブログ記事から推測できますよね!

・2回平均

  G(z) = 1 + z^(-1)

・4回平均

              1 - z^(-4)

   G(z) = ----------

              1 - z^(-1)

・8回平均

              1 - z^(-8)

   G(z) = ----------

              1 - z^(-1)

・10回平均

              1 - z^(-10)

   G(z) = ----------

              1 - z^(-1)

単純2回移動平均の伝達関数の求め方はこちら

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-0e41.html

単純4回移動平均の伝達関数の求め方はこちら

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-2781.html

Link: 

「モーションおやじ」のプライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 単純移動平均の時間波形(4回平均) | トップページ | 単純移動平均フィルタ周波数特性 まとめ 比較 »

技術フィルタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単純移動平均フィルタ伝達関数 まとめ 比較:

« 単純移動平均の時間波形(4回平均) | トップページ | 単純移動平均フィルタ周波数特性 まとめ 比較 »