« 移動平均フィルタによる速度検出フィルタ(周波数検出フィルタ) | トップページ | 駒ケ根の月 »

2008年11月13日

移動平均フィルタによる振動時の速度検出フィルタ効果(周波数検出フィルタ)

モータの軸が振動しているとき、すなわち、ロータリーエンコーダを入力がアップダウンするときの移動平均フィルタによる速度検出フィルタの動きをみてみたい。

・周期40msで、±1の振動をしている場合

40ms

・周期20msで、±1の振動をしている場合

20ms

いずれの周期の振動も、振幅が小さく、入力データx(nT)の値が小さい領域での移動平均フィルタ動作なので、入力x(nT)と移動平均フィルタ出力y(nT)の明確な差異がわからない。

エクセルのデータはこちら「10081112.xls」をダウンロード

シミュレーションのブロック図は、こちら

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8678.html

Link: 

「モーションおやじ」のプライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 移動平均フィルタによる速度検出フィルタ(周波数検出フィルタ) | トップページ | 駒ケ根の月 »

技術フィルタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動平均フィルタによる振動時の速度検出フィルタ効果(周波数検出フィルタ):

« 移動平均フィルタによる速度検出フィルタ(周波数検出フィルタ) | トップページ | 駒ケ根の月 »