« ミスミのパソコンBBC-SL8000(リコーFB6GMF-LS-10)のリアルタイム性 | トップページ | 合同説明会松本 »

2008年12月24日

CONTECのボックスコンピュータIPC-BX720-AC417のIRQ独占

このネタは、別のところで紹介済みのネタです。

昔、お客様からの要望でコンテック社のボックスコンピュータIPC-BX720-AC417を同社貸出窓口から借りて、割り込み独占を確認した。貸出サービス、いつもありがとうございます。

さて、このコンピュータ(パソコン)は、PCIスロットが2つしかありません。そのかわり、小型のため設置体積が少なくて済みます。

_

Cerelon 2.0GHz, 512MBメモリ、HDD仕様。Chipsetは、Intel 845GV。

OSは、XP Professional SP2。

CPUから遠いほうのPCIスロットへ、Prime Motion社の8軸モーションカード JOY-RT8CR

もう一つのPCIスロットへは、CONTEC社の32IN/32OUTカードを挿入。

このパソコンはデバイスが多く、IRQ独占するために、使用しないデバイスを無効にする必要があります。

Device_2

・COM2以降を使用しない

・オーディオを使用しない

・フロッピディスクコントローラを使用しない

・イーサネットポートを1本使用しない(もう1本は使用可能)PCIスロット1、PCIバス1、デバイス8というプロパティのイーサネットを無効にします。

・USBコントローラ(24C4)を無効にする(無効にしても、背面4個のUSBポートは使用できました)

・RAS機能を使用しない(ドライバを入れずにIRQ独占の確認をしたので、使用できる可能性はあります)

この状態で、IRQ3を独占できました。

Irq_2

■リアルタイム性

データ省略しますが、1ms割り込み処理レベルのリアルタイム性は十分あります。IntervalZero社RTX6.5.1とPrime Motion社MOS Benchの組み合わせ環境で、市場で動作しています。

Link:

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« ミスミのパソコンBBC-SL8000(リコーFB6GMF-LS-10)のリアルタイム性 | トップページ | 合同説明会松本 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CONTECのボックスコンピュータIPC-BX720-AC417のIRQ独占:

« ミスミのパソコンBBC-SL8000(リコーFB6GMF-LS-10)のリアルタイム性 | トップページ | 合同説明会松本 »