« 新しい売れるものが欲しい | トップページ | 割り込みIRQを独占するためのPCIカード挿入位置 »

2008年12月12日

バックプレーンIRQ,INTのルーティング

Int

これは、Portwell社のバックプレーンPBP-14ACの拡大写真。

複数PCIスロットのIRQ信号の配線を示している。

PCIA、SPCI1、2、、、、PPCI2、3、4という行は、各PCIスロットの番号を示している。その下に、A,B,C,Dと書いてあるのは、INTA#、INTB#、INTC#、INTD#という割り込み信号の末尾のA,B,C,Dを示している。

また、一番左の列のPINA6とあるのは、PCIスロットコネクタの「A6」ピン、PINB7とあるのは、PCIスロットコネクタの「B7」ピンを示している。

この表の意味することは、「A」すなわち、

「INTA#信号は、PCIスロットが変わるとずれていきますよ!」

同様に、「B」すなわち、

「INTB#信号は、PCIスロットが変わるとずれていきますよ!」

ということである。

隣り同士のPCIスロットで、同じピン位置なのに、信号が違っていることになる。

Int_rooting

4スロット分を模式的に書くと、上図になる。

赤線がINTA#

青線がINTB#

緑線がINTC#

橙線がINTD#

Link:

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 新しい売れるものが欲しい | トップページ | 割り込みIRQを独占するためのPCIカード挿入位置 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックプレーンIRQ,INTのルーティング:

« 新しい売れるものが欲しい | トップページ | 割り込みIRQを独占するためのPCIカード挿入位置 »