« バックプレーンIRQ,INTのルーティング | トップページ | まもなく雪 »

2008年12月13日

割り込みIRQを独占するためのPCIカード挿入位置

Int_2

先の記事のINT信号配線表の写真を再度示す。

例えば、表の一番左のPPCI4のスロットにINTA#を割り込みとする

・Prime Motion社のモーションカード JOY-RT8CR(マスターカード)

を差す。

・プライムモーション社のJOY-RT8CR(マスターカード)は、割り込み要求信号INTA#を使っている。

・PCIコネクタのPIN-A6は、もともとINTA#信号である。

・上記写真よりPPCI4のスロットのPIN-A6にはINTA#信号がつながっている。

ゆえに

JOY-RT8CR(マスターカード)の割り込み要求信号INTA#は、CPUチップセットのINTA#信号につながる。

上記写真の表より、このINTA#信号は、PCIIAスロット、SPCI1スロット、SPCI5スロット、SPCI9スロットの同じピンA6に現れる。

したがって、割り込みを独占したい場合には、この

・INTA#が同ピンに現れるPCIスロットに割り込みを要求するPCIカードを入れてはいけない。

割り込みを要求しないPCIカードは入れて良い。

割り込みを要求しないカード

・Prime Motion社のモーションカード JOY-RT8S(スレーブカード)

・CONTEC社のディジタル出力カード

なら、入れて良い。

他の割り込みを要求するカード

・CONTEC社のディジタルINカード

・CONTEC社のDAカード

・CONTEC社のADカード

・CONTEC社のCOMカード

・画像キャプチャカード

等は、PCIコネクタにのPIN-A6にINTA#が接続されいないPCIスロットに差す。具体的には、PCIIAスロット、SPCI1スロット、SPCI5スロット、SPCI9スロット「以外」に挿入する。

例えば、以下の表のように挿入すると、モーションカードJOY-RT8CRの割り込み要INTA#ラインを邪魔しない。

Int

これの実際の挿入状況は以下の写真。

_369x276

Link:

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« バックプレーンIRQ,INTのルーティング | トップページ | まもなく雪 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割り込みIRQを独占するためのPCIカード挿入位置:

« バックプレーンIRQ,INTのルーティング | トップページ | まもなく雪 »