« ネットワークサーボアンプ(高速通信タイプサーボアンプ) | トップページ | Portwell社ROBO-8777VG2AでリアルタイムIO制御(1ms割込み周期) »

2008年12月 9日

Portwell社ROBO-8777VG2AでリアルタイムIO制御(IRQ独占)

_371x27829p

先日、お客さんから、Portwell社シングルボードコンピュータ(SBC)ROBO-8777VG2AとバックプレーンPBP-14ACを使用した15スロット産業用パソコンをリアルタイムIO制御で使いたい。ところが、IRQ(割り込み)が独占できないので、なんとかしてほしいとの要望があった。

お世話になっているお客さんなので、「いいですよ。やってみますよ!」と、そのパソコンを貸していただいた。

_369x276

手前にメモリが見えるのがPortwell社のCPUカードROBO-8777VG2A。その他に

・プライムモーションの8軸モーションカードが2枚

  JOY-RT8CR 1枚

  JOY-RT8S 1枚

・CONTEC社の128点INカードが2枚

・CONTEC社の128点OUTカードが2枚

・CONTEC社のCOM4chカードが1枚

その他に画像キャプチャーカードが2枚あるというのだが、代わりに

・CONTEC社の16ビットAD16chカードを1枚

・CONTEC社の12ビットDAchカードを1枚

を入れた。つまり、PCIカードを9枚入れた。

Photo

IRQ(割り込み)を使うデバイスがいっぱい。

コントロールパネル-システム-ハードウェア-デバイスマネージャで使わないデバイスを「無効」にしていく。

・フロッピーディスクコントローラ

・オーディオ

・使用しないUSBコントローラ2個

・2つあるギガイーサポートのうちの1個

・ディスプレイアダプタ

「無効」にすると赤のX印が付く。

Device1

Device2_2

Prime Motion社のカードは、上のほうのRTX Driversの中のRtx PnP and Power Management Deviceとして、2枚登録されている。

CONTEC社カードは、下のほうの多機能アダプタの中に7枚入っている。

この状態で、以下のように割り込み要求IRQ16番が独占できた。

Irq

CPUボード上の使えるギガイーサポートは、以下の写真のケーブルが差してあるポート。差してないほうは使用できない。

Cpu

USBポートは背面の2ポートが使用不可。前面のポートは写真のように、上から

・USBメモリ

・USBドングル「MOS Bench(モスベンチ)」のライセンスキー

・キーボード

・マウス

の状態。

Usb

Link:

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« ネットワークサーボアンプ(高速通信タイプサーボアンプ) | トップページ | Portwell社ROBO-8777VG2AでリアルタイムIO制御(1ms割込み周期) »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Portwell社ROBO-8777VG2AでリアルタイムIO制御(IRQ独占):

« ネットワークサーボアンプ(高速通信タイプサーボアンプ) | トップページ | Portwell社ROBO-8777VG2AでリアルタイムIO制御(1ms割込み周期) »