« 1997年-世界を変えた金融危機 フランクナイトの「リスク」と「不確実性」 | トップページ | ポジショニング戦略(新版) »

2008年12月17日

機械制御エンジニアのこの頃

最近は、設備投資がさっぱりで、機械制御のエンジニアに面談の申し込みをするとほぼ100%OKがでる。

以前は、「しばらく海外に行っています」とか、「現地で調整をしていて、帰る予定が立っていません」とか、「外注に立ち会いに行っています」とか、言われたのに。

新しい物の導入検討してくれる時間があるというなので、売り込みをかける立場としては、望ましい状況。

機械制御のエンジニアのみなさん、寝る暇もなく頑張ったので、しばらく体を休めてください。

設備投資再開になると、反動で、とても忙しくなるよ。

例外もある。管理職のエンジニアは、外注に回していた仕事を自社でやることになって、遅くまでやっていると言っていた。ご苦労様です。

|

« 1997年-世界を変えた金融危機 フランクナイトの「リスク」と「不確実性」 | トップページ | ポジショニング戦略(新版) »

売る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械制御エンジニアのこの頃:

« 1997年-世界を変えた金融危機 フランクナイトの「リスク」と「不確実性」 | トップページ | ポジショニング戦略(新版) »