« XP EmbeddedとRTXをインストールしたPCI拡張7スロット小型パソコンのIRQ独占 | トップページ | 売上げが年間200億円あっても倒産する »

2009年1月28日

XP EmbeddedとRTXをインストールしたPCI拡張7スロット小型パソコンのリアルタイム性評価

今回は、XP EmbeddedとRTXをインストールしたPCI拡張7スロットパソコンのリアルタイム性評価。

対象のパソコンは、これ。

Small_pc__5

ソフトウェアは

・Microsoft社 Windows XP Embedded SP2

・IntervalZero社 RTX 6.5.1 Runtime

・Prime Motion社 MOS Bench(モスベンチ)

IO用PCIカードは、以下の7枚。

1、128点OUT: CONTEC社 PO-128L(PCI)H

2、128点IN: CONTEC社 PI-128L(PCI)H

3、8軸パルス列モータ制御: Prime Motion 社 JOY-RT8S

4、COM2ch: CONTEC社 COM-2(PCI)H

5、8軸パルス列モータ制御: Prime Motion 社 JOY-RT8CR

6、12bitDA8ch: CONTEC社 DA12-8(PCI)

7、16bitAD16ch: CONTEC社 AD-16U(PCI)EH

MOS Bench(モスベンチ)上の「設定ファイル編集」ソフトで、すべてのカードを使用するように設定した。

CPU処理負荷は、

1、MOS Benchの中のリアルタイムインタープリタ(ユーザのIO制御プログラムを高速に翻訳実行するソフトウェア)で、

(1)1軸目、2軸目を動かす処理

(2)9軸目、10軸目を動かす処理

の2つのプロセスを実行している。

2、MOS Benchの中のデバッグ用実行行表示

(1)1軸目、2軸目を動かす処理

(2)9軸目、10軸目を動かす処理

ともに表示している。左上画面。

3、MOS Benchの中の標準出力コンソール

左中画面。

4、MOS Benchの中に入っている1msリアルタイム動作波形サンプリングソフト「アナライザ」

(1)1軸目、2軸目

(2)9軸目、10軸目

合計4軸分を表示している。右上画面。

5、MOS Benchの中に入っている「マネジャー」

1ms割り込み周期、1ms割り込み処理時間を評価している。右下画面。

6、タスクマネジャー

左下画面。

7、その他、USBメモリを差したり、抜いたり

Photo

■結果

(1)1ms割り込み周期 991.0usから1012.4us(1ms±13us)

(2)1ms割り込み処理時間 223.2usから277.3us(1msの約25%を使用)

リアルタイム性は十分あります。

ちなみにADカード機能を無効にすると、1ms割り込み処理時間は約75us(約8%)に激減します。理由は、16chのAD変換待ち時間が無くなるからです。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« XP EmbeddedとRTXをインストールしたPCI拡張7スロット小型パソコンのIRQ独占 | トップページ | 売上げが年間200億円あっても倒産する »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XP EmbeddedとRTXをインストールしたPCI拡張7スロット小型パソコンのリアルタイム性評価:

« XP EmbeddedとRTXをインストールしたPCI拡張7スロット小型パソコンのIRQ独占 | トップページ | 売上げが年間200億円あっても倒産する »