« ミスミのPC「BBC-AREM4M6D」(6PCIスロット)のリアルタイム性能評価2 | トップページ | CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のリアルタイム性能評価 »

2009年3月30日

ミスミのPC「BBC-AREM4M6D」(6PCIスロット)のリアルタイム性能評価3

昨日にひきつづき、ミスミのPC「BBC-AREM4M6D」(6PCIスロット)のリアルタイム性能評価。

画面を変更するような操作を行うと割り込み処理時間のジッタが大きくなるという問題がある。1000usの割り込み周期に対して、割り込み処理時間は平均48usなのに、最大で771usになった。(以下のグラフ)

Photo_2

それで、

1、CDからインストールしたグラフィックコントローラと、オーディオを無効にしてみた。

Device

問題は直らない。

2、念のため、グラフィックのハードウェアアクセラレータを「なし」にしてみた。

Photo

やはり、問題は直らない。

3、関係ないと思うが、CMOS Setupで、最適なデフォルト設定にしてみた。

Dscf2261_

やはり、問題は直らない。

忙しくて、これ以上時間が取れないので、ここでやめ。

■とりあえずの結論:

ミスミのPC「BBC-AREM4M6D」(6PCIスロット)

マザーボード型式: G4S601-B

は、リアルタイムIO制御には不向き。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« ミスミのPC「BBC-AREM4M6D」(6PCIスロット)のリアルタイム性能評価2 | トップページ | CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のリアルタイム性能評価 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミスミのPC「BBC-AREM4M6D」(6PCIスロット)のリアルタイム性能評価2 | トップページ | CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のリアルタイム性能評価 »