« CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のIRQ独占 | トップページ | 4月になって、動き始めました。 »

2009年4月 3日

CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のリアルタイム性

昨日に引き続き、CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のリアルタイム性の評価。

CPU : PentiumⅣ 2.4GHz

メモリ:1GB

XP Professional SP2

IntervalZero社 RTX 6.5.1 Evaluation版

System

CPU処理負荷は、以下の画面の

・プライムモーション社 MOTIWARE 簡易プログラミングシステム

・プライムモーション社 MOTIWARE Analyzer(動作波形表示)

・プライムモーション社 MOTIWARE Managerの処理時間計測機能

そのほか

・インターネットブラウジング

・USBメモリ抜き差し

_5

その結果、

・1ms割り込み処理周期:979.9usから1022.7us

・1ms割り込み処理時間:67.9usから125.8us

(以下の画面参照)

リアルタイムIO制御に適したパソコンです。

ただし、IRQ独占するために、デバイスを無効にする必要があるで、パソコンのすべての機能を使用することはできません。

_6_3   

なお、評価時は、モニタの電源を切らないように設定しました。

_0

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のIRQ独占 | トップページ | 4月になって、動き始めました。 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CONTECのパソコンSPF14S8453(PCI-11スロット)のIRQ独占 | トップページ | 4月になって、動き始めました。 »