« 新卒教育で「MOS Bench(モスベンチ)」 | トップページ | 新入社員を連れて、お客様の事業所で立会い実験 »

2009年4月 7日

2相電流制御で、d軸電流を意図的に流す

三相モータのdq変換しないで、以下のブロック図の2相電流制御で、d軸電流を意図的に流すことを考える。

2phase_3motor

以下のグラフは昔の記事でつかったもの。カンの良い人は、すでにピンと来ていると思う。

紫色の直線(演算d軸電流)は、理想時はゼロ。

しかし、IU(U相電流)とIV(V相電流)を同じ位相だけ、理想的な通電位相からずらせば、演算d軸電流がゼロで無くなる。つまり、流れる。

ピーン!ときた?

IU指令(U相電流指令)とIV指令(V相電流指令)を理想的な通電位相からずらして作成して、相電流制御指令として与えれば、d軸電流を意図的に流すことができる。

IU指令(U相電流指令)だけずらすとか、IV指令(V相電流指令)だけずらすと、一番下のグラフのように、波打ってしまう。

Dq1

d軸電流、q軸電流の定義についてはこちら、

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/dq-863e.html

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 新卒教育で「MOS Bench(モスベンチ)」 | トップページ | 新入社員を連れて、お客様の事業所で立会い実験 »

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新卒教育で「MOS Bench(モスベンチ)」 | トップページ | 新入社員を連れて、お客様の事業所で立会い実験 »