« 補助金をもらい過ぎない | トップページ | リアルタイム1msサンプリングのロギングソフト「MOTIWARE Logger(モウティウェア ロガー)」 »

2009年6月16日

次元解析

次元解析。大学のとある授業で教わった。

新卒で入社した工場の制御の輪講会で、同期の友人に聞いたら、知っていなかった。

■exp()やsin()の関数の中は、無次元です。

 おなじみの

  exp{-t/(R・C)}

 { }の中は無次元です。tは[秒]。R・Cも時定数で単位は[秒]。

 ゆえに、式t/(R・C)は、[秒]/[秒]で、単位は無し。無次元。

 式を導出して、関数の中に単位が残ったら、その式は、間違っている。

■A=B+CのA,B,Cは同じ単位です。

たとえば、

                                  di (t)

  v(t) = R * i(t) + L ---

                                   dt

の各項は、電圧[V]の単位。

式を導出して、各項の単位が一致しなかったら、その式は間違っている。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 補助金をもらい過ぎない | トップページ | リアルタイム1msサンプリングのロギングソフト「MOTIWARE Logger(モウティウェア ロガー)」 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 補助金をもらい過ぎない | トップページ | リアルタイム1msサンプリングのロギングソフト「MOTIWARE Logger(モウティウェア ロガー)」 »