« ブログのアクセス周期 | トップページ | 急に売れ始めるにはワケがある。 »

2009年6月10日

マネーボール

Photo お勧め度★★★

お勧め対象読者: 中小企業経営者で野球用語がわかる方。予算の少ない新規事業部で野球用語がわかる方。

文庫本。2003年に単行本で出版されている。

米国メジャー球団で金がないほうの球団なのに、勝率が高い「アスレティックス」。なぜ勝つのか、その戦略を明らかにしている。

一言でいうと「異端戦略」、「異端児活用戦略」。

・他の球団が目を付けていない価値判断で安いルーキーをドラフトでたくさん採用する。採用時に競争しない。

・育って、他球団が目をつけるようになった中核プレーヤを高く売って、資金源にする。ドラフトの権利ももらう。

・他球団が放出したい、けれども、自団戦術では価値のある年配プレーヤをうまく活用する。

・確率の高い戦略をとる。データ重視。バントしない。盗塁しない。

弱小企業は、「異端戦略」を考えて、実行しよう。

|

« ブログのアクセス周期 | トップページ | 急に売れ始めるにはワケがある。 »

本(専門書以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログのアクセス周期 | トップページ | 急に売れ始めるにはワケがある。 »