« 減速器出力軸にエンコーダを付けて、現在位置を監視する | トップページ | 位置決め完了信号「INPOS」、「COIN」を接続しなくてよい »

2009年7月12日

長いトンネルと抜けた後、どのような装置が競争力があるか?

省力化自動化装置の受注が来年4月(もう少し後か?)から、少し動き始めると仮定して、伸びる市場、投資力のあるお客に入り込むために、どのような装置が競争力があるのだろうか?

1、1/2になる低コスト

2、2倍になる高タクト

3、1/2の納期

4、新しい加工プロセス、検査プロセスに対応できる(できなかったことができるようになる)

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 減速器出力軸にエンコーダを付けて、現在位置を監視する | トップページ | 位置決め完了信号「INPOS」、「COIN」を接続しなくてよい »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 減速器出力軸にエンコーダを付けて、現在位置を監視する | トップページ | 位置決め完了信号「INPOS」、「COIN」を接続しなくてよい »