« この時期に、新規事業開発するならば | トップページ | 減速器出力軸にエンコーダを付けて、現在位置を監視する »

2009年7月10日

エンコーダ分解能とパルス数

今日はロータリーエンコーダ、および、リニアスケールの基本。

Image001_2

エンコーダ1パルスは、エンコーダ分解能の4倍。

1回転で1000パルス出力するエンコーダは、

1回転を4000分割する分解能がある。

■例

分解能20ビットのロータリーエンコーダを使用すると、1回転で

 2^20=1,048,576カウント

可能。これは、1回転で

 1,049,576/4=262,144[pulse]

のA相、B相の各パルスを出力する。

つまり、18ビットのパルス数出力のエンコーダである。

これを

 262,144[pulse/rotation] = 262,144[PPR]

と言ったり

 262,144[counts/turn] = 262,144[C/T]

と呼んだりする。

■注意

分解能を1パルス(1周期)と定義する会社もある。

■参考

プライムモーション社のモーションコントローラのフィードバック用A相,B相カウンタでは、いつも、上図の「分解能」でアップダウンカウントしている。

■参考記事: サーボアンプ「電子ギヤ」と「エンコーダ分周」

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-e125.html

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« この時期に、新規事業開発するならば | トップページ | 減速器出力軸にエンコーダを付けて、現在位置を監視する »

モーション制御」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

技術モータ制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この時期に、新規事業開発するならば | トップページ | 減速器出力軸にエンコーダを付けて、現在位置を監視する »