« MOSビルドエラー:「Skipコードの到達範囲オーバです」 | トップページ | ヤマハ発動機がアイエイアイ(IAI)を訴えた »

2009年7月22日

不具合が出たとき、てっとり早い解析方法

不具合が出たとき、てっとり早い解析方法。

まず、交換でしょう!

・2枚カードがあったらカード交換

X軸とY軸で差があったら、

・モーションカード出力のX軸ケーブルとY軸ケーブルとクロス

・サーボアンプを交換するようにケーブルクロス

ソフトウェアで2つのバージョンがあったら

・他のバージョンにしてみる

当然のことだけれど、あせっていると気が回らない。

|

« MOSビルドエラー:「Skipコードの到達範囲オーバです」 | トップページ | ヤマハ発動機がアイエイアイ(IAI)を訴えた »

技術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MOSビルドエラー:「Skipコードの到達範囲オーバです」 | トップページ | ヤマハ発動機がアイエイアイ(IAI)を訴えた »