« 創造的な仕事をしたいエンジニアへ | トップページ | 開発には時間がかかる »

2009年7月 5日

最大動作周波数[pps]の設定

プライムモーション社のWindowsで手軽にリアルタイムIO制御「MOS Bench(モスベンチ)」には、モーションコントローラ「MOTIWARE(モウティウェア)」が入っている。

メカ、電気の都合で変わるパラメータは、制御プログラムと分離されて、別ファイルで設定できるところがモーションコントローラの良いところだ。

以下の「設定ファイル編集」でパラメータを設定する。

Photo

編集画面は、以下になる。

Mw_config_maxvel

たとえば、パルス列位置指令入力のサーボアンプ、ステッピングモータドライバでは、その入力周波数の上限「最大動作周波数」が決まっている。

その値を1軸目に設定したい。

上の画面のMaxVelの行の1の列をクリックすると

「MaxVel(1)」の画面が現れ、数値の入力ができる。

現行バージョンでは10,000,000pps(10Mpps)まで入力できる。

プログラム中では、この指定した周波数の%でPTP移動速度を指定する。

なお、安川電機社MechatrolinkⅢ対応バージョン、パナソニック社RealtimeExpress対応バージョンでは、「最大動作周波数」設定範囲上限を広げる予定。

■参考記事: 移動速度設定

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_31cc.html

■参考記事: 移動速度設定と速度オーバーライド

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_d715.html

■参考記事: 移動速度と加減速時間

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_ea3b.html

■参考記事: 速度オーバライドプログラム例(1)

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_4b49.html

■参考記事: 速度オーバライドプログラム例(2)

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_65a4.html

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 創造的な仕事をしたいエンジニアへ | トップページ | 開発には時間がかかる »

技術モータ制御」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 創造的な仕事をしたいエンジニアへ | トップページ | 開発には時間がかかる »