« OEM委託を検討していた | トップページ | 自動化装置メーカの景気もまだら色 »

2009年8月18日

VxWorks上でインタープリタ

先日、訪問したお客様の話。

機械装置コントローラとしてパソコン+VxWorksを採用している。

VxWorksの開発環境の値段が高く、プログラミングスキルの高い人向けなので、実は、社内でVxWorks上で動作する簡易言語のインタープリタを開発して、使っている。

記述能力や開発ツールが不足しており、不満がでている。

考えることはおなじですね。

Windowsで手軽にリアルタイムIO制御「MOS Bench(モスベンチ)」と同じ。

それを売り物としてやるか、仕事環境作りの一部としてやるか。

Windows上でやるか、VxWorks上でやるか。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« OEM委託を検討していた | トップページ | 自動化装置メーカの景気もまだら色 »

モーション制御」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OEM委託を検討していた | トップページ | 自動化装置メーカの景気もまだら色 »