« コントローラに10bitDAをつけてほしい | トップページ | Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史 »

2009年9月25日

スタンドアローンモーションコントローラ10bitDAのセトリングタイム

昨日の続きで、スタンドアローンモーションコントローラ10bitDAの話。

0Vから5Vのフルスイング出力時のセトリングタイムを評価した。

Da5v

5ms/divなので、セトリングタイムは、10ms Typ。DA出力して、その変化によって、何かを測定するときは、DA出力後10msから15ms待って、測定してほしい。

2チャンネル分、表示している。

評価に使ったプログラムはこちら、

「DA_Swing.mos.c」をダウンロード

■DAのノコギリ波出力波形はこちら、

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/10bitda2ch-0d6f.html

Link:

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« コントローラに10bitDAをつけてほしい | トップページ | Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コントローラに10bitDAをつけてほしい | トップページ | Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史 »