« Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史 | トップページ | Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD »

2009年9月27日

フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2

今日は、日曜日ですが、お仕事。

先日のブログで紹介した「フラッシュにチップセレクトが出ないことがある」の続きをやっていました。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-2f84.html

原因は簡単。JTAG信号のプルアップ、プルダウンの問題。

いつもそうだが、解決すると「なんだ、こんなことか?」という結末。

「ちゃんとユーザーズマニュアル読んで設計しているの?」

と突っ込みたくなる。

でも、早く形にして、ソフトウェアエンジニアに基板を渡して、本気モードになってもらうのが大事。

何かチャレンジすれば、問題が出て、ドタバタする。

問題が出るのは、避けられない。どんどん問題を片付ける。

何もやらなきゃ、問題が出ないけど、自分自身が問題になる。

Link:

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史 | トップページ | Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史 | トップページ | Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD »