« 三菱PLC(シーケンサ)のDレジスタとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する | トップページ | 少しずつ動き始めているのでしょうか? »

2009年9月13日

MCプロトコルのタッチパネルとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する

昨日に引き続き、三菱PLC(シーケンサ)のMCプロトコルを使用して、機器を接続する話。

Windowsパソコンの中に仮想PLCを導入すれば、

MCプロトコルのタッチパネルとWindowsリアルタイム化コントローラを接続することも可能。

Image001_plc

Visual Basic等で操作画面を作らなくても、とりあえず、MCプロトコルのタッチパネル付きディスプレイから動く。

売れるかどうかわからない装置で、きちんとした操作画面開発の予算がつかない場合には、こんな構成も可能。

■参考)三菱PLCとリアルタイム化したWindowsパソコンを接続する話

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/plcwindows-a6de.html

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 三菱PLC(シーケンサ)のDレジスタとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する | トップページ | 少しずつ動き始めているのでしょうか? »

モーション制御」カテゴリの記事

技術モータ制御」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三菱PLC(シーケンサ)のDレジスタとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する | トップページ | 少しずつ動き始めているのでしょうか? »