« 非絶縁RS232,絶縁RS485が付いていて、MOS言語で制御可能な小型コントローラ | トップページ | MCプロトコルのタッチパネルとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する »

2009年9月12日

三菱PLC(シーケンサ)のDレジスタとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する

三菱PLC(シーケンサ)のDレジスタとWindowsパソコンのリアルタイムIO制御プログラムを接続する。

具体的には、三菱PLCのDレジスタとプライムモーション社のWindowsで手軽にリアルタイムIO制御環境「MOS Bench(モスベンチ)」で開発したMOS資源の「共有変数」をMCプロトコルで接続する。

Image001_2

このことにより、PLCのラダープログラムで、リアルタイム化Windowsのプログラムを制御できる。

たとえば、

リアルタイム化Windowsプログラムに、

・GHzクラスのCPUパワーが必要な処理

・データがたくさん生成される処理

・複雑な通信処理

を任せて、

シーケンサは、全体の管理をする

みたいなことが可能になる。

Link:

プライムモーション社(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 非絶縁RS232,絶縁RS485が付いていて、MOS言語で制御可能な小型コントローラ | トップページ | MCプロトコルのタッチパネルとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する »

モーション制御」カテゴリの記事

技術モータ制御」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非絶縁RS232,絶縁RS485が付いていて、MOS言語で制御可能な小型コントローラ | トップページ | MCプロトコルのタッチパネルとWindowsリアルタイム化コントローラを接続する »