« Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD | トップページ | 蔵前工業会(東京工業大学同窓会)の推薦で、協創マッチングフォーラムに出席 »

2009年9月29日

トレーサビリティー対応のロギングソフトウェア

最近の自動化装置は、すべての部品の加工状態をロギングして、そのデータを保存することが求められている。

リアルタイムにアナログデータ、位置データをサンプリングして、ディスクに大量に保存するなら、

そりゃ、

リアルタイムにしたパソコンがええんじぁないのぉ?

というわけで、「モーションおやじ」のWindowsで手軽にリアルタイム制御の「MOS Bench(モスベンチ)」にもいろいろ追加機能要望が来ている。

MOS言語から、

・ロギング開始

・ロギング終了

・ファイル名を付けて保存

みたいなところ。

これを実装すると、

Windowsリアルタイム制御のMOS言語プログラム1本で、ワークの位置決めをして、加工を開始する直前から、ロギングを開始できる。

Link: Windowsリアルタイム11年目

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD | トップページ | 蔵前工業会(東京工業大学同窓会)の推薦で、協創マッチングフォーラムに出席 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD | トップページ | 蔵前工業会(東京工業大学同窓会)の推薦で、協創マッチングフォーラムに出席 »