« スタンドアローンモーションコントローラ10bitDAのセトリングタイム | トップページ | フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2 »

2009年9月26日

Windowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史

今日は、プライムモーション社で使っているWindowsリアルタイム拡張「RTX」 Runtime CDの歴史。

1999年にSDKを購入して以来、「RTX」提供メーカは代わるが、ずっとお付き合いしている。

まず、最初は、VenturCOM社2003年の「RTX」Runtime CD。

Venturcom

次は、Ardence社になる。2005年。

Ardence

次は、CITIRIX社の資本が入ったArdence社。2007年。

Ardence_citrix

次は、現在のIntervalZero社。2008年。VenturCOM社創業メンバーら が第2の創業。

Intervalzero

VenturCOM社時のCDと比較すると、色違いだが、半円のデザインが好きなのかな?。

■1999年のRTX-SDKのCDは、こちら。

デザインが凝っている。「モーションおやじ」は好み。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/venturcomardenc.html

Link: 「RTX」を使い続けて11年目

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« スタンドアローンモーションコントローラ10bitDAのセトリングタイム | トップページ | フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2 »

会社概要」カテゴリの記事

経歴」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スタンドアローンモーションコントローラ10bitDAのセトリングタイム | トップページ | フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2 »