« フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2 | トップページ | トレーサビリティー対応のロギングソフトウェア »

2009年9月28日

Windowsリアルタイム拡張「RTX」 初期のVenturComのCD

プライムモーション社で使っているWindowsリアルタイム拡張「RTX」のSDKのすごい昔のCD。

これは、1999年のVenturCom時代のCD。RTX-4.3.2.1のSDK。

Venturcom_sdk

いいかんじがでているでしょ。

時計の秒針で「ハードリアルタイム」を暗示しているのがいいねぇ!

創業の頃の、気持ちが入っている。

3色の風みたいなロゴもいいんだよな。

最近のCDデザインは、ものたりない。ありがたみが減ってしまう。昔は、SDKの値段が高かったせいもあるな。

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/windowsrtx-runt.html

Link: 「RTX」を使い続けて11年目

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2 | トップページ | トレーサビリティー対応のロギングソフトウェア »

会社概要」カテゴリの記事

経歴」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フラッシュメモリへのCS/信号が出ないことがある 2 | トップページ | トレーサビリティー対応のロギングソフトウェア »