« WindowsリアルタイムIO制御プログラムからAD等のロギング制御 | トップページ | CONTEC社ADカードAD16-16U(PCI)EVの入力電流によるノイズ »

2009年10月28日

CONTEC社ADカードAD16-16U(PCI)EVとアナログデバイセズ社差動アンプAD620ANZ

今日は、お客様のところで、夜の10時まで、立ち会い。

不具合現象が発生して、長引いた。

モーションおやじの会社で納めたWindowsリアルタイムIO制御システムにCONTEC社ADカードAD16-16U(PCI)EVを使っている。

その入力に、アナログデバイセズ社差動アンプAD620ANZを接続している。

この出力が-9.5V程度になると、ADサンプリング時にノイズが載る。

詳細解析は、明日から。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« WindowsリアルタイムIO制御プログラムからAD等のロギング制御 | トップページ | CONTEC社ADカードAD16-16U(PCI)EVの入力電流によるノイズ »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WindowsリアルタイムIO制御プログラムからAD等のロギング制御 | トップページ | CONTEC社ADカードAD16-16U(PCI)EVの入力電流によるノイズ »