« JTAGエミュレータを使って、装置用組み込みマイコンプログラムを開発する | トップページ | 通勤距離が短いほうがいい »

2009年12月19日

まずは親を超えなさい!

Photo_2

お勧め度★★★

お勧め対象読者: 成長したい方。

最新の認知心理学をもとに、目標を達成する方法を書いてある。

著者は脳科学者。難しく書きすぎ!もっとわかりやすく、普通の言葉で書いてほしい。

それに比べて、山崎拓巳は、同じ理論背景で、読み手を絞り、字を減らして、写真を増やして、キャッチな本のタイトルも考えて、TSUTAYAと組んで、売り方がうまい。本当に商売じょうず。

山崎拓巳の本「やる気のスイッチ!-実践セミナー」はこちら:

http://robotcontroller.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-ffa8.html

「モーションおやじ」も含めて、理系は、説明のしかたがへた。

「絞って、わかりやすくする」ということに、もっとエネルギーを使ったほうがよい。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« JTAGエミュレータを使って、装置用組み込みマイコンプログラムを開発する | トップページ | 通勤距離が短いほうがいい »

本(専門書以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JTAGエミュレータを使って、装置用組み込みマイコンプログラムを開発する | トップページ | 通勤距離が短いほうがいい »