« 今、開発会社は忙しいです | トップページ | セミコンジャパン2009に行ってきました。こじんまりしていました。 »

2009年12月 2日

お客様に会わずに、手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境が売れてしまいました。

昨日、初めての商社から、振り込みがありました。

お客様に、一度も会わないのに、手軽にWindowsリアルタイム制御「MOS Bench(モスベンチ)」とモーションカード、売れてしまいました。

「後で、キャンセルがあるのでは?」と心配でしたが、本当に売れてしまいました。

経過は、

・お客様が、「MOS Bench(モスベンチ)」の資料ダウンロード。

・4ヶ月くらい経過して、商社さんから、突然、見積もり依頼。

・商社さんに電話。お引き合いのお客様を確認。

・お客様に電話。用途をお聞きする。

・「モーションおやじ」は、見積書を発行。

・この段階、お客様に会っていないのに、注文書来てしまいました。

・先週、デモ。注文書を受け取ってから、初めて訪問。(初めて、お客様、商社営業マンにお会いする。)

・昨日、代金振り込みあり。

・商品発送。

なんてすばらしいのでしょう!

受注前の営業コストは、何円だったのでしょうか?

お客様は、公的研究機関の研究者の方です。

専門の研究が仕事。リアルタイムIO制御が、C言語ライクな言語で、Windowsで簡単にできれば、それがベストだそうです。マイコンやシーケンサの開発環境を買って、覚えたり、組み立てたりする時間がもったいないとのことです。

そういう方には、手軽にWindowsリアルタイム制御「MOS Bencn(モスベンチ)」最適ですね。

「モーションおやじ」が、お勧めします。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« 今、開発会社は忙しいです | トップページ | セミコンジャパン2009に行ってきました。こじんまりしていました。 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今、開発会社は忙しいです | トップページ | セミコンジャパン2009に行ってきました。こじんまりしていました。 »