« パルス列位置指令には根強いニーズがあります。 | トップページ | EtherCAT(イーサキャット)の関心は高いよ! »

2010年1月20日

EtherCATに対する期待は何ですか?

潜在的なお客様を訪問して、出た話。

お客様 : EtherCATは、どのようになっていくと思いますか?

「モーションおやじ」 : まず、お客様のEtherCATに対する期待は何ですか?

お客様 : EtherCATがパルス列みたいな標準インターフェイスになって、メーカが競争しあって、アンプとモータの機種が増えて、安くなっていくことを期待しています。

「モーションおやじ」 : これから、各メーカがEtherCAT対応アンプを出して対応モータ数が増えていくとして、パルス列対応のモータ数より、増えると思いますか?

一品一様の装置の場合は、パルス列の展開性の安心感が高いでしょう。

標準装置として、設計する場合は、パルス列、EtherCAT各社省配線サーボ、いろいろな選択肢が可能でしょう。

でも、大手のサーボメーカは、正式にはサポートしないですよ。きっと!

コントローラ、アンプ、サーボを握っているで、アンプとサーボのみ売らないで、システム全体で安くして、売りますよ。

パソコンのHDDみたいに、外形、インターフェイスが、世の中で2種類で、目的が単純なデータ記憶のみとなれば、全世界的な競争が発生します。

しかし、モータは、それこそ何百種類とあって、モータに対して期待する目的が、

・高速高精度でリニアモータ

・低コストで2相ステップ

・小型、軽量でDC24Vサーボ

・扁平形状

・中空形状

・励磁オンでも振動レスでマイクロステップ

・トルク、減速比、形状、長さ

等、限りなくあるので、パルス列を超える標準化は無理でしょう。

なお、

パルス列の限界は、

・周波数の限界、高精度モータを高速に制御できない

・制御コスト、ケーブルコストが、軸数に比例する

ことにあります。

インターフェイスをEtherCATか、他のどれにするかというのは、装置事業の目的と直接関係ありません。付随的なことです。

判断基準は、

・幅広い展開性を期待する(縛られないことを優先する)

・使用中の制御機器との接続性で判断する(大きな変更設計負荷がない)

・メーカのブランドで信頼する(制御部品コストパフォーマンスの継続成長を期待する)

・外に出る部品コストで判断する(変更コストは、自社人件費でなんとかする)

・部品、人件費、機会ロス、等、トータルコストで判断する

いろいろあります。

もしかして、大市場中国で、いっきょにEtherCATに動いたら、変わりますね。

でも、パルス列陣営も、大市場に参入してますから、、、

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

|

« パルス列位置指令には根強いニーズがあります。 | トップページ | EtherCAT(イーサキャット)の関心は高いよ! »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パルス列位置指令には根強いニーズがあります。 | トップページ | EtherCAT(イーサキャット)の関心は高いよ! »