« 省配線市場の「エニイワイヤ」シェア | トップページ | RTEXとパルス列混在で合計16軸制御可能なモーションコントローラ「JOY-AMXR-P8」 »

2010年4月23日

パルス列位置指令は生き残りますか?

「パルス列位置指令は生き残りますか?」

答えは、YESでしょ。

理由は、

・パルス列なら、標準のインターフェイスなので、多種のモータドライバが開発される。モータメーカが新モータを開発した場合、最初のモータドライバは、市場が大きいパルス列インターフェイスとして、品揃えする。ということは、パルスにしていれば、最新のモータを使える。

・パルス列なら、モータドライバの制御部が1チップマイコンで実現できる(通信ICが要らない)ので、モータドライバが安くなる。とりわけコストが厳しい小さなモータドライバで有利。

・パルス列なら、通信遅れがゼロで応答が速いので、最速を求める市場には残る。

パルス列システムで、問題視されるのは、

・コントローラコスト

・配線コスト

これを可能な限り下げるという作戦もありと思う。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 省配線市場の「エニイワイヤ」シェア | トップページ | RTEXとパルス列混在で合計16軸制御可能なモーションコントローラ「JOY-AMXR-P8」 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 省配線市場の「エニイワイヤ」シェア | トップページ | RTEXとパルス列混在で合計16軸制御可能なモーションコントローラ「JOY-AMXR-P8」 »