« 初速度付きS字加減速曲線(SIN関数) | トップページ | 16chデジタル入力と16chアナログ入力を10msサンプリングして、演算して上位に伝える »

2010年4月12日

Windowsリアルタイム性能の良くないCPUボード

今日は、とあるCPUボードのWindowsリアルタイム性能評価を行った。

1ms割込み処理の平均値が284.8usなのに

最大値が693.2usまで増える。

とくに、画面の更新で、時間が増える。

Photo_2 

クリックで、全体表示します。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 初速度付きS字加減速曲線(SIN関数) | トップページ | 16chデジタル入力と16chアナログ入力を10msサンプリングして、演算して上位に伝える »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初速度付きS字加減速曲線(SIN関数) | トップページ | 16chデジタル入力と16chアナログ入力を10msサンプリングして、演算して上位に伝える »