« LED調灯制御:リニアテクノロジーLT3474 | トップページ | 20代にしておきたい17のこと »

2010年5月 9日

Anywire(エニイワイヤ)のWindowリアルタイムIO制御開発環境

AnywireのWindowリアルタイムIO制御開発環境のテストベンチ。

ごたごたしていていますが、これで動作確認しています。

Anywire

マスターユニット(ホスト)は、

・AP48-01(PCIカード)

Word-Busターミナルとしては、

・A40SW-01U(16点デジタル入力)

・A40PW-01U(16点デジタル出力)

・A41SW-J2V5(アナログ入力)

・A41PW-J2V5(デジタル出力)

Bit-Busターミナルとしては、

・A40SB-08U(8点デジタル入力)

・A40PB-08U(8点デジタル出力)

AnywireのリモートIOユニットは、プライムモーション社の手軽にWindowリアルタイムIO制御環境「MOS Bench(モスベンチ)」から簡単にIO制御できます。

関数は、WritePort()、ReadPort()を使います。複数連続ポートの操作も可能です。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« LED調灯制御:リニアテクノロジーLT3474 | トップページ | 20代にしておきたい17のこと »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LED調灯制御:リニアテクノロジーLT3474 | トップページ | 20代にしておきたい17のこと »