« Celeron550のWindowsリアルタイム性評価 | トップページ | パナソニック電工のコントローラ「FP0R」。超小型で4軸パルス50kpps出力。 »

2010年6月28日

16bitAD32chと128点INをWindowsに邪魔されずに監視したい。

「16bitAD32chと128点INをWindowsに邪魔されずに監視したい」

というお客様がいて、

手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench」を

16bitAD、32ch対応にしようと開発している。

現状は、16bitADの16ch対応。これを2倍に拡張中。

例によって、CONTECさんからADカードを2枚お借りした。

CONTECさん、いつもありがとうございます。

Ad32ch_128in_

CPUは、Celeron550。動作周波数2GHz。

カードの配置は、CPUカードの左隣りから

・CONTEC社 128点IN

・空き

・空き

・CONTEC社 16bitAD-16ch 1枚目

・空き

・プライムモーション社 8軸モーション

・CONTEC社 16bitAD-16ch  2枚目

IRQ割込み要求は、

Ad32ch_device_irq_ok

(PCI)18をRTXドライバ(実態はプライムモーション社のカード)が独占。

デバイスは、

Ad32ch_device

いくつか、無効にしている。

このとき、AD32chがリアルタイム管理下になっている。

つまり、AD32chのデータをリアルタイムインタープリタのReadAi();関数でリアルタイムにリードできる。

しかし、1msロギングソフトのMOTIWARE Manager(モーティウェアマネジャ)では、8chまでです。このブログを読みながら、期待してしまった方、ごめんなさい。

32ch

ところで、

CONTEC社の本カードの16bitADの変換時間は、チャネルあたり1usである。

リアルタイムで、1ms毎、1チャネルあたり7回サンプリングして、最大値と最小値を捨て、残り5個の平均値をユーザに見せている。

(結構、まじめだなぁ!)

これを32chやるので、割り込み処理時間がかかる。

以下の評価データでは、AD32chの処理と8軸モーションで、1ms割り込み処理が

平均494.9us、最大524.1usかかっている。

Celeron2ghz_ad32ch_100628

ADカードが2枚(合計32ch)のときは、AD変換時間で、1ms割り込み処理時間が長くなるので、制御軸数を減らしてほしい。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« Celeron550のWindowsリアルタイム性評価 | トップページ | パナソニック電工のコントローラ「FP0R」。超小型で4軸パルス50kpps出力。 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Celeron550のWindowsリアルタイム性評価 | トップページ | パナソニック電工のコントローラ「FP0R」。超小型で4軸パルス50kpps出力。 »