« 割り込み独占のために、スロットが多いINTA#にIRQ負担をさせないというのも良い方法 | トップページ | タクトアップするには? »

2010年6月19日

Intel Atom D510のリアルタイム1ms割り込み処理時間の評価

Intel Atom D510のリアルタイム1ms割り込み処理時間をオシロスコープで評価した。

Photo

ジッタが大きい。平均は約300us。最大約600usになる。

画面が頻繁に変更されるようなアプリケーションを立ち上げると、ジッタが大きくなる。

それで、グラフィックアクセラレータを無効にしてみた。

Graphic_acc

ジッタは、あまり変わらない。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 割り込み独占のために、スロットが多いINTA#にIRQ負担をさせないというのも良い方法 | トップページ | タクトアップするには? »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 割り込み独占のために、スロットが多いINTA#にIRQ負担をさせないというのも良い方法 | トップページ | タクトアップするには? »