« PLC(シーケンサ)とパソコンの制御システムをパソコン1台にする。 | トップページ | Intel Atom D510 CPUボードのリアルタイム性評価 »

2010年6月 8日

MOTIWAREサービスのオープンに失敗しました。

「MOTIWAREサービスのオープンに失敗しました。」

Photo

今日は、新しいパソコンのリアルタイム性評価を行った。

最近も忙しくて、よるの8時から、この作業が始まった。

従業員に任せたいが、彼らもそれぞれ納期の迫った仕事がある。

まず、

IntervalZreo社のWindowsリアルタイム拡張ソフト、RTX651評価版をインストール。

その次に、プライムモーション社の手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench」の中の「MOTIWARE(モウティウェア)」をインストール。

プライムモーション社の8軸モーションカード「JOY-RT8CR」を取り付ける。

RTXのドライバを割り付ける。

「JOY-RT8CR」がIRQ独占していることを確認。

さて、「パソコンのリアルタイム性を評価するぞ!」と意気込んで、

「MOTIWAREサービス」を起動したら、上記のメッセージ。

結局、

「MOTIWARE(モウティウェア)」をアンインストール。

「MOTIWARE(モウティウェア)」をインストール。

で正常に「MOTIWAREサービス」が起動した。

どうしてこうなるのかねぇ!

パソコンベースのシステムは、いろいろなハードとソフトの合体で動く。

いろいろ体験して、わかっていく。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« PLC(シーケンサ)とパソコンの制御システムをパソコン1台にする。 | トップページ | Intel Atom D510 CPUボードのリアルタイム性評価 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PLC(シーケンサ)とパソコンの制御システムをパソコン1台にする。 | トップページ | Intel Atom D510 CPUボードのリアルタイム性評価 »