« Intel Atom D510のリアルタイム1ms割り込み処理時間の評価 | トップページ | RTEXのリモートIO、32IN/32OUT »

2010年6月20日

タクトアップするには?

タクトアップするには?

1、メカの最高速度を上げる

2、加速時間、減速時間を短くする(可動部を軽くする)

3、移動経路を短くする。途中で停止させない。(アーチモーション、ゲートモーション)

4、位置決め完了の速いサーボを使う(エンコーダの分解能の高いサーボを使う)

5、整定が速い加減速曲線を使う

6、パルス列のサーボを使う(通信タイプのサーボを使わない)

7、遅いシリアル通信はなるべく使わない(分散処理して、パラレル通信する。分散処理しないで、超高速CPU1個で処理する。)

8、並列動作させる(複数個同時に扱う、作業を分けてパイプラインにする、動かしながら他の作業をする)

9、見込みの目標位置で動かして、後で位置決め補正する

10、速い画像処理をする

11、速いコントローラを使う

相容れないところもあるが、こんなところ?

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« Intel Atom D510のリアルタイム1ms割り込み処理時間の評価 | トップページ | RTEXのリモートIO、32IN/32OUT »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Intel Atom D510のリアルタイム1ms割り込み処理時間の評価 | トップページ | RTEXのリモートIO、32IN/32OUT »