« 通信処理は、手間がかかる | トップページ | Intel Atom D510を使った16軸Windowsリアルタイム機械制御用コントローラ。 »

2010年6月13日

パナソニック社RTEX(Realtime Express)のMAC-IDマッピングモニタ

パナソニック社RTEX(Realtime Express)のMAC-IDマッピングモニタを作っています。

「今頃かぁ!」なんて言わないで下さいよ。

少ない人数、少ない資本金で"優先順位をつけて"頑張っています。

「MOTIWARE Manager AM (モウティウェア マネジャー エーエム)」

に以下の画面が付きます。

現在テスト中ですので、変更の可能性があります。

スタンドアローンコントローラ「InterMotion」専用ツールです。

MAC-ID(Node番号)、0と1にRTEX機器が接続されていて、正常に通信している状態の画面です。(クリックで拡大)

Rtex_info2

これは、通信エラーがある場合(クリックで拡大)

Rtex_info

Fatal error Code = 20

なので、RTEX回線が無効(使えない状態)になっています。

Link: 

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 通信処理は、手間がかかる | トップページ | Intel Atom D510を使った16軸Windowsリアルタイム機械制御用コントローラ。 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通信処理は、手間がかかる | トップページ | Intel Atom D510を使った16軸Windowsリアルタイム機械制御用コントローラ。 »