« デバイスマネージャでコンピュータを標準PCにしてみた | トップページ | いろいろなお客様の抱えている問題を次々と解決したい。 »

2010年7月13日

MCプロトコルによる通信が止まっていることがわかる

MCプロトコルによる通信が止まっていることがわかるようにした。

プライムモーション社のスタンドアローンコントローラ「InterMotion」は、三菱のシーケンサとMCプロトコルで通信できる。

シーケンサ内のDレジスタに周期的にアクセスして、そのデータを取得したり、更新したりする。

「InterMotion」のユーティリティツールは、「MOTIWARE Manager AM(モーティウェア・マネジャー・エーエム)」。

そのError Infoタブ画面の「Mcp DReg Up. Status」ボタンを押す。

以下は、正常に通信している画面。

Total Successの数字がインクリメントしていく。

Mcp_update

以下は、通信が止まっている画面。

四角で囲んだ部分のErrorに関する数字がインクリメントしていく。

Mcp_update_error

「通信できない」という状態だけしかわからないとき、本当に困る。

トップのアプリケーションだけが悪いのか?下位層から悪いのか?だけでも切り分けできると、気持ちが落ち着く。

なにかやってみようかという気になる。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« デバイスマネージャでコンピュータを標準PCにしてみた | トップページ | いろいろなお客様の抱えている問題を次々と解決したい。 »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デバイスマネージャでコンピュータを標準PCにしてみた | トップページ | いろいろなお客様の抱えている問題を次々と解決したい。 »