« サーボオンするとUSBの通信が止まることがある | トップページ | MCプロトコルによる通信が止まっていることがわかる »

2010年7月12日

デバイスマネージャでコンピュータを標準PCにしてみた

デバイスマネージャでコンピュータを標準PCにしてみた。

とあるお客様から、「デバイスマネージャでコンピュータを標準PCにするとIRQ独占しやすくなるの?」と質問があったので、実験をした。

だいぶ前に実験をして、苦労した思い出がある。

しかし、最近のCPUカードはどうかな?と思って、改めてやってみた。

以下の画面で標準PCを選ぶ。

Pc

変更後の画面(下の画面)で、「コンピュータ」のところに「標準PC」になっている。

Device_standard_pc

PCIカードを7枚挿入した場合のIRQ要求結果。

Standard_pc_irq_2

IRQ番号は0から15までしかない。

(PCI)15にRTXのドライバが割りつけられている。

(PCI)15には、他に7個のデバイスがいて、競争が激しい。

これからIRQ独占までの作業にとても時間がかかりそうだったのでここで止めた。

ACPIマルチプロセッサPCの場合は、以下のように(PCI)16以上にも割りつけられて、デバイスが分散するのでIRQ独占しやすい。

下の画面では、(PCI)18でRTXのドライバが独占状態にある。

Irq_ok

読者のみなさん、IRQ独占する良い方法があったら、連絡ください。

「バックプレーンのINTA#,INTB#,INTC#,INTD#ラインをパターンカットして、自分の都合のよいルーティングにする」というのは、昔、お客様から聞きました。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« サーボオンするとUSBの通信が止まることがある | トップページ | MCプロトコルによる通信が止まっていることがわかる »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サーボオンするとUSBの通信が止まることがある | トップページ | MCプロトコルによる通信が止まっていることがわかる »