« モーションコントローラの64bitOS対応を検討してください | トップページ | Corei7、8個のCPU、何に使いますか? »

2010年7月26日

原点復帰時のドウェルタイム(ドウェル時間)を入れました

原点復帰時のドウェルタイム(ドウェル時間)を入れました。

「今ごろぉ!」

と言う声が聞こえそうですが、

いままで、欲しいという人がいなかったものですから。

ソフトモーションなので、欲しいときに欲しい形で機能を追加できます。

設定ファイル編集ソフトの

ReturnHomeDwellTimeパラメータで[S]単位の実数で設定できます。

以下は、デュアル軸の原点復帰時に0.5秒のドウェルタイムを入れた実験波形。

Dog_

クリックで拡大。

末尾1が主軸、末尾2が従軸の信号波形です。

○で囲った部分がドウェル。

波形は、例によって、プライムモーション社のWindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench(モスベンチ)」付属の波形観測ソフト「MOTIWARE Analyzer(モウティウェア・アナライザ)で取りました。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« モーションコントローラの64bitOS対応を検討してください | トップページ | Corei7、8個のCPU、何に使いますか? »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーションコントローラの64bitOS対応を検討してください | トップページ | Corei7、8個のCPU、何に使いますか? »