« モータとIOの動作波形モニタを作って、デバッグ効率を上げたい | トップページ | MOSBenchとRTXやINtimeの大きな違いはなんですか? »

2010年8月 9日

省配線通信によるサーボ制御ができるネットワーク一覧

省配線通信によるサーボ制御ができるネットワーク

として、よく話にでてくるのは、

・AE-LINK(旭エンジニアリング) 最大307.2kbps 

・Motionnet(日本パルスモータ) 20Mbps

・メカトロリンクⅡ 10Mbps

・メカトロリンクⅢ 100Mbps 

・Realtime Express(RTEX) 100Mbps

・Ethercat 100Mbps

というところ。

各ユーザさん、それぞれの歴史があって、どれかに集約ということは、難しいでしょ。

そのネットワーク対応のサーボドライバとサーボモータが圧倒的に安いということになれば、そこへ流れ込むと思うのですが。

AE-LINK(旭エンジニアリング)は遅さが目立つけれど、パソコンのCOMポートや、マイコンのSCI(UART)がインターフェイスになるので、ホストコントローラが簡単低コストというメリットがある。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« モータとIOの動作波形モニタを作って、デバッグ効率を上げたい | トップページ | MOSBenchとRTXやINtimeの大きな違いはなんですか? »

モーション制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モータとIOの動作波形モニタを作って、デバッグ効率を上げたい | トップページ | MOSBenchとRTXやINtimeの大きな違いはなんですか? »