« Windowsリアルタイムコントローラの特徴を活かせる用途 | トップページ | 売上ゼロの潜在的お客様から転職の連絡が来ました。 »

2010年8月30日

得意技は、アナログ入力連動モーション

得意技は、アナログ入力連動モーション。

みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench」の得意技。

圧力超過停止制御。

Image001_2 

例えば、Z軸を降下させて、あるワークに圧力をかける。

ロードセルで圧力を測定して、ADコンバータに入力している。

Z軸がワークに接触すると、急に圧力が上がる。

ある圧力になったら、Z軸を急に停止したい。

これを「MOS Bench」で実現するのが、

RobSetAiStopMove関数。

1ms毎16ビットADコンバータ入力を監視しながら、しきい値を超えたら、移動停止。

これは、遅いCPUには無理な芸当。

スキャンタイムが10倍の10msなら、Z軸の降下速度を1/10に遅くする必要がある。

タクトの大きな差になる。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« Windowsリアルタイムコントローラの特徴を活かせる用途 | トップページ | 売上ゼロの潜在的お客様から転職の連絡が来ました。 »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windowsリアルタイムコントローラの特徴を活かせる用途 | トップページ | 売上ゼロの潜在的お客様から転職の連絡が来ました。 »