« Core2QuadのWindowsリアルタイム性評価を始めました | トップページ | PortwellのCPUカードROBO-8913VG2ARとPBPE-12A9バックプレーン »

2010年9月16日

PCIeX4可能なバックプレーンとCore2QuadをWindowsリアルタイムで動かす。

PCIeX4可能なバックプレーンとCore2QuadをWindowsリアルタイムで動かす。

CPUカードは、PortwellのROBO-8913VG2AR。

バックプレーンは、PortwellのPBPE-12A9。

それに、

PCIExpressX4の画像処理カード 1枚

PCIカードの

・画像処理カード 1枚

・プライムモーションの8軸モーションカード「RT8シリーズ」 2枚

・CONTEC社の128点INカード 2枚

・CONTEC社の128点OUTカード 2枚

・CONTEC社の4chCOMカード 1枚

Dscf3497

画像処理以外は、Windowsリアルタイム動作。

つまり、以下は、リアルタイムIO制御。

・16軸モーション

・256点IN

・256点OUT

・4chCOM

OSは、Windows XP Professional

リアルタイムIO制御は、プライムモーション社の

みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench」。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« Core2QuadのWindowsリアルタイム性評価を始めました | トップページ | PortwellのCPUカードROBO-8913VG2ARとPBPE-12A9バックプレーン »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Core2QuadのWindowsリアルタイム性評価を始めました | トップページ | PortwellのCPUカードROBO-8913VG2ARとPBPE-12A9バックプレーン »