« コストダウンで安い制御機器へどんどん切り替えを進めている。 | トップページ | 性能と納期が強みです。 »

2010年9月10日

「モーションおやじ」流不具合解析8つの方法

「モーションおやじ」流不具合解析8つの方法

1、物、ソフトを交換してみる。前のバージョンにしてみる。(これは迷わず、実施する)

2、実績ある部分とない部分にわけて、ない部分を注視する。

3、他人としゃべる。自分の問題を他人に聞いてもらう。

4、ホワイトボード、あるいは、紙に、問題現象に関わるおおざっぱな模式図を書く。

5、AとBと2つにわけて、どちらで発生するか、試す。Aで発生したら、AAとABに分けて、どちらで発生するか試す。それを繰り返して、狭い範囲に追い込んでいく。

6、全部取り外して、シンプルなモデルを作って試す。あるいは、少しずつはずして試す。

7、何かを変えて動かしてみる。違う動作条件にして、一晩運転してみる。

8、行き詰ったら、コーヒー(お茶)を飲む。家に帰って、アルコールを飲まずに寝る。

読者のみなさんの良い方法を教えてください。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« コストダウンで安い制御機器へどんどん切り替えを進めている。 | トップページ | 性能と納期が強みです。 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コストダウンで安い制御機器へどんどん切り替えを進めている。 | トップページ | 性能と納期が強みです。 »