« 8軸モータの1ms同期運転できます。 | トップページ | リアルタイムパソコン1台で制御できれば、低速で悩まなくてよい »

2010年9月26日

構造体を使ってICトレイ等のグリッド座標移動命令

構造体を使ってICトレイ等のグリッド座標移動命令の簡単なサンプルを作ってみました。

Image001

こんな形、グリッドへ、パラメータ(i,j)を指定して移動したいことがある。

2次元の座標配列posをメンバーとする構造体型を宣言する。

その構造体型を持つ2次元配列の変数、図ではtrayを宣言する。

そのメンバである2次元座標(pos[0]、pos[1])へ値を代入する。

その2次元配列の要素(図ではtray[3][2].pos)を指定して、移動命令を実行する。

tray[3][2].posの値は、6.000mmと10.000mmで、そこへ移動している。

(複数個所の丸で囲んだ部分。)

ソースプログラムはこちら、

「sample_struct.mos.zip」をダウンロード

Photo_3

(クリックで拡大)

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« 8軸モータの1ms同期運転できます。 | トップページ | リアルタイムパソコン1台で制御できれば、低速で悩まなくてよい »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8軸モータの1ms同期運転できます。 | トップページ | リアルタイムパソコン1台で制御できれば、低速で悩まなくてよい »