« MOSBenchのWindows版シミュレータは、カードが無くても動きます | トップページ | 遅ればせながら、ローカル変数モニタを実装しています »

2010年9月23日

WindowsリアルタイムIO制御に不向きなパソコンをまとめてみました

WindowsリアルタイムIO制御に不向きなパソコンをまとめてみました。

プライムモーション社の手軽にWindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench(モスベンチ)」を使って、評価した結果です。

・ミスミ BBC-AREM4M6D-XP  (PentiumⅣ) 

  リアルタイム処理ジッタが700us以上

・山下システムズ AS-1331G (Atom N270)

  リアルタイム処理ジッタが500us以上

・ADVANTECH PCI-7031 (Atom D510) 

    リアルタイム処理ジッタが350us以上

PentiumⅣでジッタが大きいという話は、他で聞いたことが無いので、マザーボードの性質によるものと推測します。

Atom系にすると、同じコードでも処理時間が遅くなるという話を、お客様からお聞きしたことがあります。

Link: 「高性能制御を簡単に、みんなに!」  

プライムモーション社(みんなで手軽にWindowsリアルタイムIO制御)

プライムモーション(Windowsで手軽にリアルタイムIO制御)

プライムモーション社(RTEXとパルスの16軸マルチタスクコントローラ)

プライムモーション(RTEXとパルス列のマルチプロセスコントローラ)

|

« MOSBenchのWindows版シミュレータは、カードが無くても動きます | トップページ | 遅ればせながら、ローカル変数モニタを実装しています »

技術Windowsでリアルタイム制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MOSBenchのWindows版シミュレータは、カードが無くても動きます | トップページ | 遅ればせながら、ローカル変数モニタを実装しています »